このページの一番上です

ぶろぐ

女将の食日記

ガンで病んでいる人が多い現代
成人病・糖尿病…ありとあらゆる難病が増え続けているのに
2007年7月には日本人の女性の平均寿命が86歳を超えました。
昔に比べて医療も食物も良くなっていますので、寿命が長くなるのは当然です。

しかし、若い方々がこのまま年を重ねることは不可能なことかもしれません。
すこし考えてみましょう。
荒れた食生活に馴染んだ現代の男女が長生きできないのは当然です。
残念ですが、平均寿命60歳の時代がすぐに来ると女将は思っています。

甘いもの、乳製品や一部のビール、スナック菓子、インスタントラーメンなど危険な食物たちはクスリ漬けです。中国からの野菜だけが怖いのではありません。危険は身近にありますよ。

筑後の土蔵の弁当で使うごぼうですこの反対の食を採ると平均寿命は昔にもどりますよ。とても簡単なことです。
ゴボウ、ニンジン、大根、しいたけ、れんこん…。根のものを沢山食べて育った今の老人がなぜ100歳まで生きれるのか。

ガンは不治の病といわれますが、ほんの50年前までそんな病気はありませんでした。
食生活を正しくしましょう。乳製品や砂糖などの体を冷やす食品はなるべく控えましょう。体を酸化させる油ものは考えて食べましょう。
日本人には、自分の細胞が異常をきたすほど、「合わない」のです。

by uguisu 2008-8-29 9:09 Comments (0)
カテゴリー:女将の食日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です