このページの一番上です

九州一の大河・筑後川は、大地に生きる命の源。
山口酒造場は、そんな豊かな自然に抱かれている。

水は酒の味わいとなって現れる。
蔵には江戸時代「酒づくりにいい水を掘り当てた」と藩内で話題になった井戸があり、今も仕込み水として使われている。

文章
矢野 アキコ
写真
久高 良治