このページの一番上です

精米された酒米は、清らかで細やかな水流によって、さらに磨きが加わり、輝きが増す。

蔵に満ちる静謐なる緊張。
身を切るような水を御す蔵男たちの無駄のない動き。

文章
矢野 アキコ
写真
久高 良治