このページの一番上です

櫂棒に伝わる感触また、醪の状態を知る手だて。
目、鼻、耳、肌、舌。すべての感覚が研ぎ澄まされていく。

立ちのぼる泡は弾け、果実のような香りが満ちる。
麹や酵母の力を引き出し、旨し酒は醸される。

文章
矢野 アキコ
写真
久高 良治