このページの一番上です

時々の声をききながら

山口酒造場の歴史

1688〜1703年(元禄元年) 屋号を「古手屋(ふるてや)」とし、商家として栄える
1832年(天保3年) 有馬藩より酒造業の許可を得る
五代目・山口利七、六代目・山口利助の頃、有馬藩御用達に
現在の仕込蔵を建築
1911年(明治44年) 六代目・山口利助 天皇陛下より贈従五位を叙勲
1924年(大正13年) 八代目・山口儀六 酒造業を拡大、全国品評会出品多数
1945年(昭和20年代) 九代目・山口正人 原料難、製造石数2000石
1955年(昭和30年代) 大型設備を導入、製造石数3000石
1975年(昭和50年) 大規模設備を排除し、純米酒を中心とした特定名称酒を製造開始
1978年(昭和53年) 福岡市天神にアンテナショップ「ON GREEN」出店
1979年(昭和54年) 九代目・正人急逝 十代目・山口尚則が社長に
1983年(昭和58年) 焼酎専業の「研醸株式会社」設立(井上合名会社と共同)
1986年(昭和61年) 朝倉農業高校の熊谷先生と無農薬有機栽培米の酒米に取り組む
1987年(昭和62年) 第1回「筑後の土蔵」
新酒の会
1989年(平成元年) 同業16社で「福岡銘酒会」立ち上げ、山口尚則が初代会長に
1991年(平成3年) 大型台風17号、19号により仕込蔵・貯蔵蔵の大きな被害
酒蔵の移転を検討し、甘木市甘木(現朝倉市)に用地を取得
1997年(平成9年) 米国向け輸出を開始
2003年(平成15年) しょうちゅう乙類製造免許取得
吟醸酒粕を原料とした粕取焼酎を蒸留
2004年(平成16年) 蔵は移転せず、移転候補地にて「甘水の名水」を紹介(九州名水百選)
ニューヨーク日本酒大賞受賞
「有限会社 食工房地蔵原」を設立
十代目・尚則急逝 十一代目・山口哲生が社長に
2005年(平成17年) 貯蔵蔵完成
リキュール製造免許取得
2006年(平成18年) 「筑後の土蔵」20周年記念
蔵内にテイスティング処「Uguisubar」を開設
創立175周年
粕取焼酎を原料とした梅酒の製造開始
2007年(平成19年) その他の醸造酒製造免許の条件緩和
どぶろくの製造開始
2008年(平成20年) オーストラリア向け輸出開始
2010年(平成22年) 韓国、香港向け輸出開始
2011年(平成23年) 天満天神梅酒大会2011
「特撰梅酒うぐいすとまり 鶯とろ」日本一受賞
みりん製造免許取得
みりん製造開始
台湾向け輸出開始
2012年(平成24年) 第1回福岡県酒類鑑評会 純米吟醸酒 純米酒 金賞受賞
第26回 筑後の土蔵 山口怜子パッチワーク展 最後の秋開催
三井神力 復活に向け栽培を開始
2013年(平成25年) 第27回 筑後の土蔵 春開催
アメリカ向け輸出撤退
カナダ向け輸出開始
仕込蔵補修工事、木造建築保存へ
第二回福岡県酒類鑑評会 金賞受賞
2014年(平成26年) 第28回 筑後の土蔵 春開催(3/15-31) 菊川女史室礼展
第三回福岡県酒類鑑評会 金賞受賞
研醸株式会社(焼酎専業)が子会社から一般取引先に変更
2015年(平成27年) 第29回 筑後の土蔵 「宝節句」 端午の節句
シンガポール向け輸出開始
タイ向け輸出開始(予定)
香港向け・オーストラリア向け撤退