このページの一番上です

第十一代 蔵元山口哲生

長い時間をかけ、先人たちによって
育まれてきた日本酒。
その価値に、世界中の人々が
気付き始めています。

私は、先人たちが敷いたレールを
走らせてもらっている醸造家です。
しかし日本酒が国境を越え、世界の人々の
ライフスタイルを形づくるという新しい
役割を先人たちは与えてくれました。

国や先人たちに感謝しつつ、長い時間をかけ
育まれてきた日本人の特別な精神性
「nipponnのこころ」をたすきとして
日本酒の新しい価値を創造し、後世の人々が
より豊かな食生活をたのしめるよう
醸造家としてできることを
日々実践していきたいと思っています。