このページの一番上です

ぶろぐ

マリタイムホテルのB1にMatsuriはあります入り口京都の方がデザインに入っておられます
ニューヨークのマリタイムホテルのB1にMatsuriというセレブ達が集う高級和食店があります。
300席以上の大型店ではありますが、Megu やBudda barと並び、それを受け入れるだけの品格を保てるのはニューヨークの建築デザインの技でしょうか。

実はこのMatsuriには山口酒造場のグッズが店内各所にディスプレイされてあり、かつてある雑誌社から、山口酒造場が経営しているのならMatsuriの取材をさせて欲しいと問合せがあったほど。(実際はマリタイムホテルの経営です)

例えば…

コモ樽(暗いのですが、入り口正面の様子)
まずは、入り口から入ると、Darumaのコモ樽が出迎えてくれ

陶器の4斗樽は花器として活躍しています
約30坪ほどもあるウェイティングバーには、庭のうぐいすの陶器樽が花器として使われ

ディスプレイカウンター上の壁カウンター
メインフロアーには、壁一面にNiwano uguisu Darumaの一升瓶がデザイン風にずらーと並んでいます。

main floor先日、2年ぶりに訪れてみると、相変わらずのお洒落な店内に多くのニューヨーカーが上手にお箸を使いながら、肴と日本酒を粋に食べていました。

食材は素材重視でアメリカで手に入らないものは、日本から全て空輸しているそうです。小野シェフの料理には、根強いファンがしっかりおり、ここの料理は確かに美味しい。

ところで、日本のモノは色っぽいと思いませんか?
照明、器、壁や日用品まで、細部に工夫がしてあり、いちいち手が込んでいる。
全体を見渡せば、相当大胆なデザインをしても、決して下品にはならない。
この店に行くと、必ず日本の良さにもう一度気づき、改めて日本のファンになるはずです。

by uguisu 2008-9-15 16:04 Comments (0)
カテゴリー:飲食店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です